炎症や関節痛を和らげ、体の免疫バランスを整える
奇跡のハーブ キャッツクロー

カートを見る

お問い合わせ

マイページ

カスタマーサポート:フリーダイヤル0120-530-198 平日 9:00〜18:00

キャッツクローのちから

ホーム > キャッツクローのちから > キャッツクローは関節痛を和らげる

キャッツクローは関節痛を和らげる

関節痛とは?

最近、階段の昇り降りがツライ、ふしぶしが痛い、立ち上がる時に痛みを感じるなどはありませんか?それは実は関節痛なのです。

人間にはたくさんの関節があり、身体を自由に動かせるのはその関節がスムーズに機能を果たしているからなのです。関節痛には変形性関節症、痛風、関節リウマチ、外傷、細菌による感染症などがあります。関節痛を引きおこす原因は年代や症状によってさまざまです。

なぜ関節痛にはキャッツクロー?

アマゾンの先住民族達は関節炎・リューマチなどの抗炎症用を始め、様々な症状にキャッツクローを伝承薬として使用してきました。これらは様々な研究結果により、関節炎・リューマチなどに使用してきたことが正しかったことが証明されています。

キャッツクローの有効成分にはキノビック酸グルコシド・アルカロイド・ステロインなどが含まれています。特にキノビック酸グルコシドには抗炎症作用があり、さらに血流促進するアルカロイドなどの相乗効果により炎症性を伴うリューマチ・関節痛・腰痛・肩こり・神経痛に良いといわれています。

また、オーストリアではフェルマイド関節炎の治療のためにキャッツクローを使用した試験が行われております。実験結果によれば、キャッツクローが抗炎症機能を示しています。

関節痛を和らげる

関節痛を和らげるためには、適度な運動が必要です。血行をよくするだけではなく、筋肉やトレーニングにつながります。また、普段から体を動かすことで関節まわりをやわらかくして曲げ伸ばしがしやすくなります。ただし、身体に負担をかける運動はやめましょう。

また、肥満も関節に過度の負担を与えます。体重が1キロ増えただけでも膝にかかる負担はその3倍は増えてしまいます。 また、高齢になればなるほど筋肉が衰えてくるために、関節の支えが弱くもろくなっていきます。生活習慣病の予防のためにも生活習慣を見直して肥満を解消しましょう。

関節痛は完全には治りません。服用している薬をやめたり、寒くなると再発します。キャッツクローを使用したことにより完治することはできませんが、軽減することや再発を防ぐことはできます。ただし、人それぞれの体調や重症度が違うため時間がかかる場合もあると考えます。

まずは関節痛と向き合うことが大切です。アンデスの伝承薬として受け継がれてきた「奇跡のハーブ」キャッツクローで関節痛の痛みを軽減させましょう。

参考文献

  • Silvia Klinar B.,Artemio Chang C.(Instituo de Productos Naturales IPRONA.Ica-PERU: ペルー国イカ県、サン・ルイス・ゴンサガ国立大学、薬学・バイオケミカル学部、天然産品院)
    Antonio Lapa,Artu Da Silva,Salete De Abreu & Sonia Mesia(Escola Paulista de Medicina.U.F.de San Paulo-Brasil:ブラジル国サンパウロ連邦大学薬学パウリスタ校)共著
    FOTPOCA誌 2006年5月号(イカ県天然産品研究所の科学誌)
    『キャッツクロー・トメントサ種:Uncaria tomentosa(Willd)D.C.“una de gato”の鎮痛剤機能および抗ヒスタミン機能』
  • Mr.Lwsilie Taylor著者(2002年) 『Herbal Secrets of the Rainforest[熱帯雨林のハーブ(薬草)の秘密 第2版]』

次は「炎症を鎮める」