炎症や関節痛を和らげ、体の免疫バランスを整える
奇跡のハーブ キャッツクロー

カートを見る

お問い合わせ

マイページ

カスタマーサポート:フリーダイヤル0120-530-198 平日 9:00〜18:00

キャッツクローのちから

ホーム > キャッツクローのちから > キャッツクローは免疫バランスを整える

キャッツクローは免疫バランスを整える

免疫とは?

キャッツクローには“免疫バランスを整える”ちからがあります。

そもそも免疫とは身体が本来持っている細胞と身体に入ってきた異物を区別して、体外に排除する役割があります。

しかし、食生活やストレスなどの生活習慣によって免疫バランスは崩れます。免疫力が低下することで、風邪やインフルエンザをひきやすくなり、反対に免疫力が高上しすぎると、自己防衛のためアレルギーや花粉症などの症状を惹き起こします。

毎日の健康のためには免疫バランスを整えることが必要となってきます。

キャッツクローと免疫の関係

ではなぜ、キャッツクローは“免疫バランスを整える”ちからがあるのでしょうか?

キャッツクローの抽出成分には免疫力を増強する物質として有名なイソテロボディンを含め、6種類以上のアルカロイドがあります。キャッツクローのアルカロイドの配合は化学的合成で作成されたアルカロイドよりもバランスが良く優れています。

このキャッツクローのアルカロイドが身体の免疫組織を刺激することで、免疫機能が活性化され、身体に進入した細菌などを繁殖させない働きを高めることができます。

また、このアルカロイドの絶妙な相乗効果によりなんと最大50%の人体の免疫機能を向上させることが報告されています。免疫機能が正常になることで、免疫バランスが整われます。そのため、キャッツクローの効能の一つとして取り上げられているのです。

アメリカでは1970年代のキャッツクローのアルカロイドの発見により、研究が進んだ結果、アルカロイドの抽出方法及び免疫活性化機能に関する四つの特許が出されています。

世界も注目のキャッツクローのちから

キャッツクローは1990年代の初期からペルー及びヨーロッパで癌やAIDSの付加治療や免疫学システムを対象にする他の病気の治療に使用されてきました。その他にも多くの文献でキャッツクローの免疫に関する研究結果も発表されています。

また、キャッツクローは世界中でハーブ医療として、免疫活性・免疫調整などを始め、胃炎・癌・関節炎・リューマチ・神経痛・慢性炎症・帯状疱疹のようなウイルス病などに使用されていると伝えられています。

免疫バランスを整えるためには

前述の通り、毎日の健康のためには免疫バランスを整えることが大切です。
しかし現代社会では生活習慣病を始め、ストレスなどによる精神性の病気など様々な問題を抱えています。そのため、大抵の方は免疫力が低下しているのではないでしょうか。

まずは免疫力を高めるために生活習慣の改善も必要ですが、忙しい毎日を送っている方にはアンデスに古代から伝わる「奇跡のハーブ」キャッツクローで不足している免疫力を高めて、身体の免疫バランスを整えましょう。

参考文献

  • Mr.Lwsilie Taylor著者(2002年)
    「Herbal Secrets of the Rainforest」(熱帯雨林のハーブ(薬草)の秘密 第2版)

次は「関節痛を和らげる」