炎症や関節痛を和らげ、体の免疫バランスを整える
奇跡のハーブ キャッツクロー

カートを見る

お問い合わせ

マイページ

カスタマーサポート:フリーダイヤル0120-530-198 平日 9:00〜18:00

品質のこだわり

ホーム > 品質のこだわり > キャッツクローのこだわり -山本社長10年の想い-

キャッツクローのこだわり -山本社長10年の想い-

私がキャッツクローと出会ったのは、1999年夏でした。

当時大手商社のペルー支店にいた弟(現AMAZON RUBY S.A.C社長)より“ペルーには色んな素晴らしいハーブがある”との声をもらい、ペルーから幾つかのハーブ商品を送ってもらいました。

その中のひとつに“キャッツクロー”がありました。

当時、私は父の仕事であるクエン酸の普及を手伝っており、クエン酸を通じて出会った方の多くは60~70代。そんな年代の皆様からよく耳にすることは共通として肘、膝、関節のことについてでした。

当然のことながら健康食品を取り扱っている自分たちに、お客様からよく「この悩みを解決する方法はないですか?」と尋ねられました。

残念ながら当時の私にはそのようなお客様の要望に応える商品や知識が無く、「何か良い物は無いだろうか」と思案していたものです。

そのようなタイミングで出会ったのがキャッツクローだったのです。

このキャッツクローについて、ペルーの学者や医師の方々からお話を訊いてみると、“大変素晴らしい物なので関節でお悩みの方にお勧めしたい”といわれるのです。

まさにこの時に「これならお客様の悩みを解決できる」と感じたのです。

私は早速ペルーからキャッツクローパウダーを取り寄せ、お客様へ紹介を始めました。 しかしながら、さらさらのパウダータイプに加えて独特の苦みがあるためにお客様からは「飲みにくい」というお声も多く、また体に感じる変化も個人差がかなり大きく、お客様の問題解決にはまだまだ研究を必要としました。

それからお客様にお役に立てる商品作りを目指して、試行錯誤を行いながらキャッツクローの商品開発を続けてきました。配合内容を変えたり、カプセルや粒タイプにしたりと。

一方でもうひとつのメイン商品であるヤマノのマカはお客さまから多くのご支持を頂き、ペルー栽培地において栽培農家との関係作りやJAS有機認定取得、モンドセレクション受賞というように、一歩一歩階段を上がるように進んでいきました。

比べてキャッツクロー商品の成果は伸びず行き詰っていました。

しかしながら、不思議なことに私はキャッツクローの商品開発を諦めることができませんでした。 ふと、なぜここまで「キャッツクロー」にこだわるのだろうかと考えた時、私の頭に浮かぶのは初めて健康食品としてクエン酸に携わったときのお客様の顔でした。 皆さんから“商品がいいわね”とお喜びの声を頂くと、心から嬉しさを感じるのです。

中高年の皆様は、ふしぶしの深刻な悩みを共通して持たれていました。その話を直接伺っていた私は、どうしても商品開発を諦めることができずにいました。

お客様にも、そして私たちの商品からも、キャッツクローの良さをまだ伝えきれていない、そう私は感じていました。

そしてひとつの出会いが転機となりました。

2006年、マカ研究レポートコンテストの授賞式に出席するために私はペルーを訪れ、ヤマノのアドバイザーとしてそれまでサポートを頂いていたチャン先生に初めてお会いしたのです。チャン先生は長年ペルーの薬用植物の研究をされている方で、薬草学などにも大変深い知識をお持ちの方です。

そんなチャン先生とお話をしているうちにまるで旧知の仲のように会話がはずみ、通訳を通しながらにも関わらず、「健康で楽しい生活をおくって頂きたい、そのための研究と商品開発を」という共通の思いをお互いに感じていたのです。

チャン先生の「悩んでいる人のために」自分は研究したいという実直なお人柄に私は強く惹かれました。特に、キャッツクローについて先生のお話を伺っていくうちに、ますます中高年の皆様のお役に立てる商品であることを確信したのです。

今思えば、あの時のチャン先生のお話が新たなる商品開発への第一歩となったのは間違いありません。

チャン先生はキャッツクローの有効成分を抽出した製品開発をされており、その中で乾燥したパウダータイプよりリキッドタイプのほうがキャッツクローの有効成分が多いこと、そして健康食品として体内へ摂取するだけでなく、体の外側にも一緒に使うと良いということを説明されました。もちろん長く続けることの大切さも教えて頂きました。

早速私たちはチャン先生のアドバイスを受け、先生が研究開発された抽出キャッツクローリキッドを使用した商品開発をスタートさせました。

そしてチャン先生が仰る「体の中から、そして外からキャッツクローを」というお勧めの方法を実践できる商品を目指し、ようやくここまで辿り着くことができました。

実に私がクエン酸販売でお客様からお悩みを聞いてからすでに十年以上の月日が経ちました。

2008年チャン先生は正式にペルーの子会社AMAZON RUBY S.A.Cに入社頂き、ヤマノと同じ志を商品研究に向けて頂くこととなりました。

2006年に立ち上げた子会社AMAZON RUBY S.A.Cはペルーにて良質で安全な原料の確保を使命とアンデスの薬草の基礎研究を手がけ、ペルー国にお役に立てる企業としてこれからも成長してもらいたいと思っております。

マカにおいても栽培地にこだわり、ここ数年の内に自社の土地での栽培がスタートします。そしてキャッツクローもマカ同様に安全で優れた品質の原料を調達するべく、一歩ずつ研究と努力を積み重ねております。

ヤマノのキャッツクロープラスの商品を御使用頂ければ幸いです。

株式会社ヤマノ 代表取締役
山本 九州男

次は「薬用植物専門家からみたキャッツクロー」