炎症や関節痛を和らげ、体の免疫バランスを整える
奇跡のハーブ キャッツクロー

カートを見る

お問い合わせ

マイページ

カスタマーサポート:フリーダイヤル0120-530-198 平日 9:00〜18:00

コラム

ホーム > お悩み別コラム > 炎症コラム > お肌が気になる

炎症とは?

敏感肌とは?

お肌トラブルが多い代表的な肌タイプが「敏感肌」と呼ばれるお肌になります。敏感肌は、少しのきっかけでお肌トラブルを起こしやすいお肌のことで、日本では半数近くが敏感肌ともいわれています。

敏感肌の原因は様々で、肌の保湿を保つセラミドの減少皮膚の水分・油分の不足、また不規則な生活習慣や、ストレスによる“免疫力の低下”も原因の一つになります。

免疫力が低下すると、刺激物質が侵入しやすくなり、その反応として皮膚が炎症を起こすのです。

外から炎症を抑えることはもちろん、内からは免疫力低下を防ぐことが大事ですね。そのためにも、栄養豊富な食生活、十分な睡眠、ストレスを溜めない規則正しい生活を心掛けましょう。

敏感肌の種類

「敏感肌」というのは大きく捉えたもので、具体的にはいくつかのタイプに分けられます。敏感肌の方は、ご自身がどのタイプか把握しておくことも大切ですよ。

ゆらぎ肌

季節の変わり目、ストレスが多い時などに肌が不安定になり、突然発疹などの炎症が起こる肌タイプ

日焼け過敏症

紫外線に過敏で、少し日焼けをしただけでも肌荒れを起こす肌タイプ

ニキビ肌

油分の多い食生活や、ホルモンバランスの崩れで吹き出物ができやすい肌タイプ

アレルギー肌

人にはなんでもない物質にアレルギー反応を起こしやすい肌タイプ

アトピー肌

赤くなる、腫れる、ブツブツができる、水ぶくれ、かさぶた、など多彩な症状でかゆみを伴った肌タイプ

特に、アトピー肌は敏感肌の典型的な肌タイプになり、子供から大人まで増加している皮膚炎(皮膚の炎症)になります。吹き出物なども皮膚の炎症の一つです。

皮膚炎の治療としては、抗炎症剤のステロイドという薬を使うことが多いですが、長期間使用すると皮膚が薄くなったり、赤くなったりという副作用があるといわれています。

なるべくならば、薬ではなく抗炎症作用のある自然のものを使うのが1番お肌に優しい方法かもしれませんね。

次は「鼻炎の原因」